イマジナリーヌラリヒョンと過ごす日々

雑多なこと。方向性は決まっていない。

0119

モバクソゲーの人の集計で、一血卍傑が七位になったのね。

バンやろディバゲなんかは判るよ。

でもまさかバンケツが七位にランクインとはなあ……ほあ……。

 

これはTwitterでの集計みたいだけれど、それにしても6700票あって七位だぜ?

ツイやるようなオタ以外もやってたのかもなあ。

ミッション少な目のゆるゆるゲームだったから、二次元に抵抗がなければプレイ出来たのかも。

 

こういうところで目にするとは思わなかったから、不思議な気分。

私は好意的な感情を抱いた……んだけど、そうでもなかった?

 

復活待ってます。○○大好き。

と言いながら、

別に結末が判ればいいだけでそれ以外ない。

と言うのを見て、ワイはそっ閉した。

 

 

キャラデザ以外褒められたとこない、というけれど、

キャラの設定・台詞部分は絵師ではなくリジェだし、絵師・声優への依頼もリジェだし、

初期に作られた伝承は世界観が読み手に伝わってくる作りをしている。

(だんだんブレていった=客の要望に応えるために変化したと言い換えても良い)

虹英傑のSDの陰陽でデザインが違うところは絵師ではなく、多分オバロ。

トンチキストーリーを褒めるならば、そこはオバロの功績。

 

だから全部が全部キャラデザでしかもっていないことはない。

『和風』という一定数存在するファン層に向けたところ、

種族男女混合にしたところ、

そういう諸々だって褒めてもいいと思うけれどね。

(当然、人によってはマイナスとなっただろう。男女混合とか)

 

ガチで顔だけって、なかなかないと思うねん……。

私、ヌラのこと顔だけで言うならまあまあ好き、くらいかな。

妖・総大将の設定部分の方が萌えポイントは高い。

ヌラリヒョンを好きになったから、紫っぽい髪でふわっとした髪質が良いなと思うようになった。

マーリンを好きになったのもヌラのジェネリック。(結局正しく好きになった)

好きなひとだから、そのひとの色々な要素も好きになった。好意的に見るようになった。

……だな。私は。

 

運営にイラついていたのも、私にとってはもう過去だなあ……。

ゲームが良くなって欲しくて、客が離れないで欲しくて、イラついていたので、

ゲームが終わってしまったらイラつく理由はないね。

 

恨む……。もないな。終わった直後ならあったかもだけれど、もう一年経ったから。

気持ちは冷め冷め。

今更何かが変わるわけでもないから、どうでもいいよ。

それよりは、自分の中にある弾んだ感情に素直に従う方が日々が輝く。

ヌラリヒョンのことを考えている間はヌラリヒョンが近くにいるから寂しくもないな。

 

この一年でのファン離れに随分心を痛めたけれど、

自分さえ好きなままでいれば、この作品が忘れられる事はない。

一年でそこに到達出来たから良かったよ。

公式が出来なかったことは自分でやっていけば良いだけのこと。

それも前は強がりの部分が大きかったけれど、今は自然にそう思う。

 

こうして自分を支えてくれるのは、この一年で作って作品たちだ。

クオリティはアレでも、かけた時間と労力だけは胸張れる。

頑張って良かったなあ。

 

────なんて、まるで私だけの功績に聞こえるが全く違う。

人を動かすだけの魅力があのゲームにあったことだ。

万人に好かれるものではなかったけれど、それでもね。

 

現実の人を好きになるのと同じだよ。

人気者ばかりを好きになることはないでしょう。

自分のアンテナにだけビビっとくる時、あるじゃん。

似ていると思う。

きっと私だけが好きなんだという、優越感。秘事。孤独。

作業してます、いきてます

久しぶりにイベントページ弄った……。

と、言ってもお問い合わせいただいた事を書いたのがメイン。

デザインについては、もう少し後で。

他所のイベントのページを見ているととても可愛くて、自由度のないページなのに楽しくなっちゃうよ。

やっぱりデザインって大事なんだねえ。

 

 

1/25の方もずっと進めている。

今回は今までとは少し違うものにしたいので、試行錯誤に時間割いていた。

なんとか自分が見えている映像を伝えたいと思って。

結構近いものは出来たから、あとは〆切に間に合え……(恒例行事)

 

 

文章書いているので、特にバンケツでの言いたい事はないな。

言いたいものはそっちで注いでいるから。

 

 

バンケツ関係ないものだと、1/17まで無料配信だった『頭文字D』のアニメ一期を一気見した。

か~~~~最高か~~~~。

拓海くんも高橋兄弟も好き好き好き~~~~~。

 

昔、ドリーム小説読んだことあるけれど、内容が大人っぽくてめちゃ素敵だった思い出。

こういうのだと車の知識が必要になるんだよね。

私は、イニDという作品が好き+曲が好きなだけだから、車の知識は全然ない。

ユーロ大好きだからm.o.v.e好き。motsuさん好き(妖怪ウォッチの時はびっくりした)

 

 

イニDは古い作品だから、価値観も表現も古いのだけれどそれがまた丁度いい。

今だと編集ストップになりそうなものがチラホラ……。

 

女とくっ付かないのも好き。

……とは少し違うか。

あまりにも可哀想でくっ付いてくれよ(懇願)となるのはなかなか珍しい。

 

まず、主人公が好きな女の子が援助交際をしているのはきつい。

しかも主人公が超純情で奥手で良い子なので余計に。

でも作者の好きな女の子のタイプが「汚れている子」で、察しちゃうんだな。

作中に性癖が出てる。

その若干ねじ曲がったところがクセになるのだけれど。

 

イニDの続編が今度アニメ化らしいので、一応見ようと思う。

イニDの時みたいに音楽ガンガン流してくれると良いんだけどな。

 

mfg-anime.com

 

結局創作の話になる

久しぶりに現実(ジャンルの様子)を直視したが、ほんとなんで私は同人活動をやっているのか全く持って意味不明であると言わざるを得ない。

 

ひっじょ~~~にウケない。

作品もそうだが、人物としても。

 

まあ、人物としてはウケなくていいんだ。

萌え狂っている所を面白がられているのって、見世物としてだから。

共感もあるだろうけれど、ピン芸人見て笑うようなもんだと思う。

本人が望んでそうやっていることばかりでもないのがね。

 

もちろん、人物そのものが素敵で好まれるパターンもある。

人格や生活風景や。何かしらに興味を持たれて。

 

上手い人はインプットから違うから物凄く参考になる。

良質な作品をよく見ていることが上手い人の共通点と断言しても良いのではなかろうか。

同人のみを参考にして、超上手くなりました。

って人はいるのかなあ……?

いても私に刺さらないタイプだったら「いない」と認識してしまうぞ。

正しく統計をとったものじゃないから、なんとなくでしか言えないね。戯言だ。

 

 

 

 

今年の後半は同人はほぼ見なくなって。特にバンケツはwiki以外見なくて。

なんならツイッターもろくに開かなくて(一日平均10分以内)

仕事するか、仕事2をするか、絵を描くか、文書くか、家族が流すようつべに気を取られるかで、

人様の目にはつまらない生活と映るだろうが自分にとっては丁度良かったな。

身の丈に合った日々であった。

 

商業作品に触れたり、資料になりそうなものを漁ったり、勉強系アカウントがすすめる本を買ったり、インプットはしていた。

特に絵本をよく読んだ。一日二冊ペース。

 

不思議で綺麗でちょっと怖い世界観。

大人向けと違って、殆ど言葉で説明していないから、想像のし甲斐がある。

言葉のリズムも丁度いい。余白がある。

 

幻想的な世界を描きたい人に絵本、おすすめ。

 

最近刺さったのは「ふしぎな月」【富安陽子 (著)・吉田尚令 (イラスト)】

「ふしぎな月」の読書メーターのページ

 

表紙が素敵。

綺麗な月の魅力が描かれている。

美しい世界。

……だが、月が照らすのはなにも町だけではない。

サバンナ、そして戦場。

幻想的なだけで終わらない本書は、子供より大人に刺さると思われる。

 

誰もが幸せではない。

それはどうしようもない。

だけれどどうか、そんな者達が心安らかに過ごせる日がくるように。

 

真っ暗な夜を淡く照らす月の柔らかな慈愛を感じる。

 

 

元々、宇宙・天体・星座が好きで、月も大好きなので、余計に心に染みたな。

太陽よりは月が好き。

小さい時にぶっ厚い本を借りてスキャンしてたな……。

どうしてあれに心惹かれるのか。

 

闇の中にぽつんと光っているからか。

日々姿を変えていくところか。

太陽光は生き物に必要なのに、心を救うのは月明りの方だ。

あの淡さが縋るのに丁度良いのだろう。

自分の世界が光に満ち溢れる時なんて、死んでも訪れない私には、太陽光こそ幻想だ。

私は一歩三歩引いて立っているのが丁度いい。

 

 

そんなこんな考えたわけだが、何かしら短編で夜の話書きたいねんな。

「月下の鯨」って、タイトルだけ落ちてきたけれど、中身はまだない。

 

私の中で鯨が孤独なイメージになったので、なんかこう……そういうさあ……。

安直にツクヨミやアマツらへんを相手に出すのも良いけれど、忍でも良いし、なんかこうねえ……うーん。

 

でも出来れば小説より絵かな。サイレント漫画とか。

ワシサイレント漫画好きやな……画力と個性がものをいう世界よ。

線に出ない空気を描くという高等技術。

 

小説だと風景描写が主かな……。

心の声ばっかり書いているとそれなりに煩いもんな。

作者が勝手にキャラの声代弁するな、と感じられることもあるだろう。

キャラクターのことをマリオネットと思わせてしまったら終わりだ。

 

創作って難しい……。

 

そんな創作をお助けするアプリがこちら。

 

再現間取りメーカー

再現間取りメーカー

  • takuya motomura
  • エンターテインメント
  • 無料

apps.apple.com

play.google.com

 

 

これで本殿作れるかと思って、まずは自分の家を再現してみた。

 

f:id:schwarzhonig:20220114212527j:plain

 

平屋なので二階はない。

アパートみたいだね。離れだから、こんなもん?

 

こんなだから、八畳間が一番自分の中で生活イメージしやすい広さ。

だけれど、本殿って一部屋の面積もっとあるよね。

個人部屋は何畳与える……?

ヌラリヒョンは四畳半くらいでも平気? 収納は地下にする?

 

二階作った方がいいかなあ……でも上でばたばたされたら煩いだろうなあ。

集団部屋が現実的?

 

例えばだけれど、

 

6畳×200人=1200畳 約2000平方メートル

45m×45mの正方形と同じくらい。

コンビニ20店舗分

25mプール五枚分

 

……本当に?

私は自分の計算が間違っているようにしか思えなくなってきた。

 

両辺45mで済むってことは、家の敷地に十分収まる。余裕で歩いていける。

まあ、この計算には廊下が含まれていないから実際の本殿はもっと広くなるけどね。

 

もしかしてだけれど、建物部分だけなら本殿って意外と小さい?

日光東照宮の延床面積が3000平方メートルらしいから、

本殿は東照宮サイズをイメージしていけば……いい?

 

 

どうでしょう?

なんとなく本殿のサイズ感イメージ出来る?

グーグルマップの航空写真を利用して、身近な神社を調べていくと

ガチッ! とくるもんがあるかも。

 

ご飯食べるところどこにしよう。

てか、神聖な場所で殺生いいのか?

……いや、一血卍傑をする部屋の方を離れにすればクリア出来るか。

敷地の森の中で良いっしょ。どうせ一日何度も訪れやせんわ。

 

おお……なんか……なんか………本殿が具現化できそうな予感。

四コマ40

f:id:schwarzhonig:20220112233504p:plain

四コマ40

 

フィンブルの冬(三度の冬)がきて、ラナグナロク(世界の終わり)が起きるんだね。

このフィンブルの冬ってのが「気候変動を表しているのでは?」ってのがあって、

以前の北欧は今ほど寒くなかったとかうんぬんかんぬん。

 

でもきっと日本よりはずっと寒いのだろう。

ロキが無自覚に寒さマウントをとることもあるのかもしれない。

道民が本州のひとたちにやるアレ。

 

 

北欧神話の降臨英傑たちは、降雪をみて郷愁に駆られる時もあるのだろうか。

オーディンとはそういう話が出来そう。

刺すように冷えきった板間で、さむいさむい言いながら過ごしているところで、一切寒いと思っていないオーディンといるのもいいのかな。

 

アスガルズよりはずっとあたたかな八百万界。

雪が降り積もって真っ白になった庭を見る。

雪に覆われた景色は八百万界もアスガルズ界も変わらない。

全てを呑み込む白銀は、界の隔たりをも食らう。

 

「魔術で過度な冷気を遮断しているのだ。儂とて寒いものは寒い。ドクシン様と変わらない」

 

アスガルズ界のひとはすごいなあ、寒さにつよいなあ。と言っていたらネタバラシ。

 

 

ロキは普通に八百万界でも寒がっていて、炬燵の中に入っている。

悪戯する元気もねぇよ。

……と、言いながらも一度妙案が浮かべば、タッタカタッタカ奔走する。

 

子供みたいだ。

頭は良いんだけど。

心が自由すぎて。眩しい。

イベントについて

今日は溜めていた現実のタスクを片付けているので、同人もゲームも全然です、はい。

 

お問い合わせいただいた、バンケツオンラインイベントについて。

 

1、頒布物についての詳細

2、女夢主と女英傑はアリかナシか

 

 

……2はアリと即答できるにしても、1に関しては少し調べたい。

 

 

◆自分の希望

 

基本的には当イベントは敷居を低いものとしたい。

オフ本だろうと、ネップリのコピ本だろうと、ポイピクの展示だろうとありにしたい。

基本的になんでもあり。

 

・展示だけ

・既刊だけ

・グッズだけ

・無配だけ

・DLだけ(無料のみ許可)

・ネップリだけ

 

 

なので反対に、ナシとハッキリ言えるものから述べると、

 

・フィギュア(ガレキ・ねんどろ改造)

・公式のデザインをつかったもの全般(ゲーム内で使用されたぬいぐるみの絵)

・受注生産

 

ぬいの絵や、ゲームの背景絵をコピペしたものとか、そういうのはマジやめてくれ。

フィギュアというか、立体物はめちゃくちゃ厳しいのでやめてくれ。

受注生産も前回のオンイベで色々あったからNG。

 

……世の中には予約注文というのがあります。

boothやとらで出来ます。

これを使うと欲しい人には必ず届きますね。発注前なら在庫抱えずに済む。

 

ですがこれはナシにしたい。

予約注文=受注と見る人も中にはいるので。

受注っぽく見えない方法も知っているけれど、そういうのはナシ。

一回問題が起きているジャンルなので疑われないことが大事。

 

 

 

 

あ。スペースだけってのは嫌だな。

オンイベだから出来る事だろうけれど、スペースの背景を弄って満足するやつ。

ピクスクのフィールドはドット絵なのだけれど、お店の背景部分は普通のイラストをアップロードするだけでも、なんとなく見られるものになる。

だからここにキャラ書いたり、推しカプ描いて主張。

 

 

……というのは、ナシだな。

ツイや支部の展示だけで構わないから、何かあって欲しいね。

 

「背景も自分で描いたものじゃん」

 

と、言うかもしれない。

でもなんだろう……店の背景って、背景じゃん……。

作品・展示に入るかというと、私の感覚では入らないかな……。

 

 

 

この先は、私は頭がおかしいタイプの人間であることを念頭に置いて読んで欲しい。

 

 

二次創作をしている間は、その作品のことを考え向き合っている。

創作をしている最中は孤独と言われるが、実際は創作先の世界やキャラがずっと自分に寄り添ってくれている。

 

普段は別ジャンルで楽しくワーワーしてて良いけれど、

出来れば一年に一回くらいは、バンケツという作品と対話して欲しい。

 

上手下手はどーでもいい。

自分が何が好きで、キャラのどんな所が好きか、改めて考える機会になって欲しいんだな。

だから必ず本を出せとは一切思わない。

参加費以外にお金がかかるようなことをしろとは全く思わない。

 

やってみようというきっかけになればいい。

やっぱ推し最高やな、と思ってもらえたら万々歳。

別ジャンル描いていたお陰でめっちゃ上手く描けたなと満足感を得られたら十分。

今ジャンルと方向性が違い過ぎて精神が狂うのも一興。

 

誰にも邪魔されず、純粋に作品を楽しんで欲しいのね。

費やした時間・金じゃないのよ。

鉛筆だろうが、原稿用紙直筆だろうが、なんでもいい。

自分にとって最適だと思うものをすればいい。

 

……この考えだと「過去絵掲載のみですが🙇」よりは、

一日だけでも頑張って新規絵描いて欲しいね。

三時間とかでいいから。

 

2022年の自分が感じたバンケツを表現、創作して欲しいんじゃ。

でも強制はしないんじゃ。

バンケツ同人の為に参加費払うって時点で凄いんだぜ。

愛を感じるんだぜ。

 

 

……↑こんな脳味噌だから、頒布物に関してあまり注文はないなあ。

グッズのみ販売禁止のところもあるけれど、私はありでいいや。

 

……アクスタって儲けを出しやすいのね。

一枚描くだけで良いなんて、私みたいな長編小説書く者から見たら労力の差を感じずにはいられない。

多分漫画を描いて本にする人も同じように思う。

 

でも私個人はグッズのみに対して、黒い感情を抱いた事がないのでアリで良いや。

それにジャンル規模があまりに小さすぎて営利目的云々に引っかかりようがない。

 

……人の創作見たいなあ。

 

 

 

 

じゃねえや。問い合わせについてだ。

 

他のオンイベを見て回って、最近の炎上情報を調べてから回答しますです。

一応私の個人的な考えはこんな感じですが、世間のことも調べた上で決定しますわ。

ガラージュ

camp-fire.jp

 

ガラージュ』とは、ガラージュという精神治療装置にかけられた主人公が、自分の精神世界から脱出していくゲームである。

三大歪み(奇)ゲーの一つ(他は、BAROQUE、クーロンズゲート

 

ひとから紹介してもらって、それでちょろっと調べたらこんな感じ。

この内の『バロック』は好きなので、多分好きだろうと思ったら好きでした(単純)

 

こういうサイトを見ると、なんとなく雰囲気が判るかもしれない。↓

 

www.gamer.ne.jp

 

 

 

この意味の判らない世界には多くのNPCがいて、その子たちと話すのが楽しい。

良い人もいれば、感じの悪い人もいる。

 

会話内容を見ていると、芸術家である作者の知識が窺える。

哲学的だが難しくなく、きっと多くの人が考えること、感じることなので、刺さる人は多いのではないかと思う。

 

(ただ女性の扱いが耐えられない人はそこそこいる)

(グロエロはないんだ。ないんだが)

 

 

◆ここ数日間の私

 

作業があるからゲームはほんのちょっとやろう。

この次どうなっているんだろう(ポチポチ

(集中プレイ)(無心)(無言)(返事無)(作業全て放棄)

一周目クリア←イマココ

 

 

 

クリアしたばかりなので、ちょっと頭がぐちゃぐちゃで何も言えない。

これだけは言えるってのが

 

610円の価値はある(断言)

 

プレイヤーに考える余地、考察する余地を与えてくれるゲーム。

ままならない感情を抱えている人、前に進めない人、生きることに意味を見出したい人、意味などないと断言する人、等

そういうひとに向いているゲームである。

雰囲気・ストーリー・モブ とにかく素晴らしい。

 

欠点は難易度。

ポチポチゲーに慣れてしまった者達には難しい部類。

もう少し待ったら攻略サイトが出来ると思うので、それからするなら良いかも。

……って、現代だと実況で済ませちゃうか?

だったら、この辺が良さげ。雰囲気を見るのにも良い。

 

 

 

攻略サイトならこことか。

各章の進め方はまだ出来ていないが、このページを知っているだけでかなり有利になる。

蛙とか、部品とか、成果とか。

 

www.treatment-with-garage.xyz

 

 

久しぶりに現実のアレコレを捨てるくらいのめり込んだゲームだった……。

ご紹介ありがとうございました。

 

私は常に、生きるってなんだ、死ぬってなんだと考えている人間なので、

こういう創作はブッ刺さってしまうね。

 

気に入っている部分は沢山あるけれど、おもちゃ屋さんが好きだな。

宮も好き。

 

 

作ることが好きで、したいことは沢山思いつくのに、誰も使わない物を作ってもしょうがないよな、と空しくなるところが好き。

あと、情熱の全てを注いで作った結果、制作の熱が冷めてしまうところ。

 

物って使われるためにあるものだから。

いくら自分が新しいものを思いついたって、使い手がいなけりゃ作る意味もない。

 

好意的に見てしまうのは多分、私自身がそういう考えでいるからだろうな。

『自分の為に作ること』は、判る時もあれば判らない時もある。

でも『他人の為に作ること』は、いつでも判る。

 

だからどちらも私の主張である。日替わり感情。

 

 

感情の文字化って難しいんだよ。

私が一言「悲しい」と言えば、「悲しい」と固定されてしまう。

本当の感情はマーブル色なのに。

 

現代は情報の氾濫化が著しく、皆は情報にあっぷあっぷしている。

そこで処理を速くする為に要約や結論を求める。

だから発信者は出来るだけ、判りやすく短く言葉を圧縮する。

過程でしか得られないものもあるのに……そんな余裕などないのだ。

 

……そういや芥川賞もあれだっけ。

 

www.yomiuri.co.jp

 

 

この記事にある『言葉に満ちあふれる現代社会』に、つい頷いた。

不思議だよねえ。

現代人は本を読まないのに。

長い文が読めない。

漫画が読めない。

なのに言葉は溢れている。情報に埋め尽くされている。

 

そんな時代だからこそ、何かにじっくり向き合うと、また新たな発見があると思う。

……と、ここで『ガラージュ』ですよ。(再び)

 

本や漫画だと十分~一時間で読み終えることが出来る。

お手軽で、時間の消費も少ない。

でもゲームは違う。いくらストーリーを追いたくたって、何度もお遣いに奔走し、同じモブと何度も同じ会話をし、何度も釣りをして、ようやく続きが読めるのだ。

 

繰り返し見せつけられているせいで、最初はなんとも思っていなかった台詞が、いつのまにか頭に残っているはずだ。

そして何故残っているのか、ふと考えるはずさ。トイレとか布団とか。

そうやって思考の海に揺蕩うのも良いんじゃないんですかね~。

 

 

と、いうことで、今回は『ガラージュ』の宣伝でした。

色々なことが終わったら二周目やるよ。

成果を埋めたいからね。

四コマ39

f:id:schwarzhonig:20220106235919p:plain

四コマ39

おすもうさんとか。その他、手がムキムキしているひと。

ちゃんと押せるのかな……?

 

オオタケマルは私の二倍は指が太そうなので、iPhoneSEなんてとても扱えないのではないかと。

もうちょっと頭が良くなると、独神が寝ている間に指紋認証を突破。

……と思ったら指紋が全然違って入れない。

独神にスマホを触らせないよう、別の英傑が自分の指紋に登録変更していたのであった。

 

独神の生活をガッツリ管理してきそうなのは、忍よりもショウトクタイシのような人だと思う。

(忍は、独神を泳がせてから罰するタイプ)